闇金 詐欺 手口

闇金の詐欺手口のいろいろ

闇金 詐欺 手口

闇金による詐欺には、あらゆる手口があります。SNSなどの掲示板を利用した個人間融資は新しいですね。闇金のキャンセル料は、融資を受けようと思った顧客が審査のあとにキャンセルをしたら闇金側から事務手数料と称してキャンセル料を請求します。厳しい取り立てをしないというソフト闇金も多いですね。

闇金の押し貸し詐欺は、消費者金融に融資を申し込むと個人情報をすべて聞かれた上で断られますが、その後なぜか銀行口座に数万円の振り込みがあるというものです。その後、見知らぬ業者からの返金と不当な利息を請求されます。

また、借金一本化詐欺というのもあります。これは、「無審査・低金利」「低金利で一本化」「無担保即日融資」などの広告で、多重債務者をターゲットにしています。保証金やブラックリスト削除料などと言って、数十万円を先に振り込ませるのですが、その後の融資は一切行われません。

他にも、多重債務者をターゲットにした詐欺は数多くあります。保証人紹介詐欺は、賃金業者になりすました者が、好条件で融資すると言い寄ってきます。その際保証人を要求してきます。

その保証人も特別に紹介するという話を進め、保証人紹介料ということで請求してきます。実際に紹介料を払ったとしても、保証人は紹介されませんし、融資もありません。

また、クレジットカード換金詐欺は、「無担保で融資する」など言って募集しますが、融資は適当な理由で断わられます。特別な方法で融資ができると言って、クレジットカードを使い指定したブランド品や電化製品を購入させ、業者がその商品を買い取るという方法を行います。

その買取価格は非常に低く設定され、その商品の購入価格の5割程度となっています。こうした詐欺にあった場合は、迅速に警察や弁護士に相談することが大切です。

あなたの個人情報は、闇金の間で流通していて情報交換なども行われています。一度でも闇金の審査をしていれば要注意ですよ。手口も巧妙なのでお気をつけくださいね。